道場は快適な自然根底の木の住宅!もう職員級の効力振りを発揮する幼馴染

ボストンバッグの取回しには細心の注意を払った了見が、最後の完了で勢い良く階層と接触する音声がした。ぼくは身軽になったボディで首を回しながら限界を見上げた。木造建築の吹き抜けがまざまざと目に焼き付いた。
「おう、A・I」
 外の方から聞き覚えの残る意見がした。
「うわ。驚き。!なんだ。もう一度来てたんだ」
 M・Tが窓範囲の外側から顔を覗かせている。網戸の張り替えを行っている最中のようで、シルエットの話など気が付くはずもなかった。周囲から見ていると、M・Tはもはや係員のように勤める。だが、みずから引き上げるその手続はどちらと無く手つきが覚束ない。
「直ぐにだけど、お前も手伝ってくれよ」
 ぼくは早くもM・Tにせっつかれている。
「五分だけ休ませて。あとで手伝うから」
 慣れないラッシュアワーに揉まれて私のスタミナは満杯近くに達していた。手続を平然と繰り広げるM・Tを他所にぼくは広々とした講堂の隅っこに臥し転ぶと無垢材の階層はひんやりと冷たく、クールダウンするにはこの上ないほど心地良かった。短期間 お金 借りたい